忍者ブログ
ママ1年生の成長日記やお出かけ日記を綴っていきます。

2019-09

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/29 あさな]
[10/31 KAO]
[09/29 KAO]
[09/08 KAO]
[08/16 KAO]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Emi
年齢:
39
HP:
性別:
女性
誕生日:
1980/08/08
職業:
美容師
趣味:
レストランめぐり
自己紹介:
高校時代に和太鼓やってました☆
新米ママです☆
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

0320.jpg最近BABYは寝返りと腕の方向転換で部屋中を動き回るようになった。


興味津々で色んなものを触りにいく。
体重計のボタンを押してピッピッという音を出したり
コンセントを引っ張ってみたり。


何でも口に入れて味見だね。
そーっと舐める仕草がかわいい。ダメだとわかっているからか?
ママの携帯やメイク道具、ティッシュも引っ張り出す。

取り上げると泣いて怒るようになった。


こないだは仕事中にキッチンにBABYを一人にしておいたら
転がってテレビの下に潜り込んでしまって身動きが取れなくて泣いてた。
ごめんね、気付かなくて。
仕事の合間合間で様子を見なきゃね。


離乳食をよく食べるから量を増やしてみた。

私が目を反らした隙に口の中身をペッと出すようになった。賢いな。
一人座りもそろそろ出来そうな予感。少しの時間なら支えがなくても座れるもんね。

PR

0306.jpgうちのBABYは足を揃えてゆっくりと上げ下げしながら眠りにつく。
そして顔まですっぽり隠して眠りにつく。

今だにそれは変わらず。


足に毛布をかけると怒るので眠ってからそっとかける。
深く眠ったらちょっとのことでは起きない。
掃除機をかけても起きないしね。
薄目を開けて見ることもあるけど眠いとそのまままた寝るもんね。
起きてる時間が多くなってきたけど昼寝は必須。
寝てないと夕方の離乳食の時ぐずるんだよね。
眠いと汚れたエプロンで顔をこすったりするから
あとが大変なのよね。

IMG_2123_b.jpg未だに寝返りをしてくれないBABY。
身体が大きいと出来るまでに時間がかかるらしい。

ちょっとの間は遊ぶんだけど・・・
どうも苦しいみたいで。

ううっ・・・って言いながらすぐに諦めて顔を床につけてしまうんです。
このままじゃ腕の力の弱い子になってしまう・・・。
IMG_2155_b.jpg








IMG_2044_b.jpg食事の支度をしている時に遊んでいる
ドーナツクッション。

最近やっと興味を持ってくれるようになりました。
以前はぼーっと眺めているだけ。
こうやって遊んでくれるとたすかりますね。
まあ長い時間は無理ですが・・・。

相手をしないと怒るし。
一番困るのはベビーカーに乗せてスーパーで買い出しをしているときに
大泣きされること。抱っこしての買い出しは辛い・・・。
なんせ量が多いもんだから。
そんなとき頼りになるのが妹。IMG_2096_b.jpg
BABYの響き渡る泣き声を聞きつけ
探して抱っこしに来てくれるんです。

ほんと助かります。

IMG_2106_b.jpg離乳食を食べるのにとても時間がかかるBABY。
まだ始めたばかりですからね。仕方ないですが。
ご機嫌をとりながら食べさせます。

昼食の準備の時間にかかってしまうときもあり
そんなときは仕事の手が空いているとパパが手伝ってくれます。
とっても助かります。

離乳食、めんどくさいのは温度を確かめるとき。

保健所で言われるまでは知らなかったことなんですが
赤ちゃんは無菌で生まれてくるので大人の虫歯菌がすぐに移っちゃうんですって。
食器も共有できないし、フーフーと冷ましてあげるのも危険なんですって。
だからいつも離乳食は団扇で仰いで冷まして温度は腕の裏側に落として確かめます。

例えば私たちがヨーグルトを食べてて途中でBABYがほしがっても口を付けた物は
あげられないということです。
あらかじめ取り分けておかなくてはいけません。

ショッピングセンターなどで母親が飲んでいるジュースをちっちゃな子供にあげているのを見ると
良いのかなー・・・なんて気になりますし
私も気にするのは辞めようかなーなんて思ったりもしますが
妊娠時の母親学級で虫歯のことはすごく厳しく教えられたので
出来る限りは頑張ってみようと思います。
忍者ブログ [PR]
by 桜花 . . . .